スポンサーリンク

ダイキンの空気清浄機のリコール対象機の修理

家電のはなし

3年ほど前に購入したダイキンの加湿空気清浄機。
うるいおい 光クリエール ACK75L-W
先日のリコール対象の機種だと分かったので、手続きを行い修理から戻ってきた。
手続き自体は簡単でダイキンのウェブサイトに本体に記載の製造番号等を入力すると対象機種かどうかを判別し、
対象機種であれば住所等を入力すれば手続き完了。
あとは、配送用のキット!?が届くのを待つだけ。
配送用の段ボール箱はヤマト運輸の宅急便で届いた。
中身はお詫び文や梱包の仕方が同封されている。
加湿空気清浄機の本体は思いの外重みがあり、力のない人には少々つらい作業かもしれません。
自分は、なんなく梱包完了!と思いきや、最後に段ボール上部を止めるテープの長さが足りない!!
どうやら、別の所につかうべきテープだったようです。
仕方なくガムテープで閉じます・・・。
そして、着払い伝票をぺたっ。
本来ならココでヤマトさんに集荷の依頼をかけるところですが、ネット通販で購入した荷物が近々届く予定だったので、そのときに集荷して貰うことにして電話はしませんでした。
荷物を届けておよそ2週間。
修理を終えた空気清浄機が帰ってきました。
中には完了報告の文書が入っていました。
こうしたリコールのやりとりは初めての経験でしたが、特に迷うことなく修理までしてもらえて良かったです。
※今回、特に撮影をしなかったため、画像がなく寂しい記事ですみません。

タイトルとURLをコピーしました